篠塚さん

篠塚ブログ

篠塚日記

蛇口のパッキン交換をしたのでもう水漏れの心配ないと考えていてもしばらくすると蛇口そのものが経年劣化したことで発生水漏れだったとわかりパッキンだけじゃなくて蛇口交換をすることになる場合も少なくなりません。蛇口は、大手メーカー公示で耐久年数が7~10年とされていて使用頻度によって修理する時期に差が出てきます。10年以上使用していると突然水漏れなどを起こしても仕方ないといえる状態であるという覚悟が必要です。給湯器・水道管などに代表される専門的知識や技術が必要な水まわり関係は、DIY専門とした業者では修理を引き受けられないことが結構あるものです。そうなった際には、購入・設置してくれた販売店などに修理を申し込むことになります。非常に困るトイレ詰まりが嫌なら「トイレに関しては、排泄した便と尿と水に溶けるトイレットペーパー以外の異物等を絶対に流さない」しかないでしょう。詰まり・水漏れのトラブルの場合や水漏れてしまって自分一人では回復できない状態でしたら、水道修理業者に修理作業をやってもらってください。決心するのは困難ですがトラブルの程度次第でダメになっている箇所だけの修理を行うより不具合を起こした本体交換をする場合の方が料金的に割安になるときも結構あります。もし、排水口での詰まりが発生したら排水管の奥からイヤな臭いがしはじめて詰まりが起きているので水の流れが悪くなって排水口が持つ機能にトラブルが発生するのです。キッチン独特の汚れともいえる油分というのは、専用の排水口用ネットを潜り抜けてしまうケースもあるので気をつけていても水道管内部に付着することになって詰まりが発生する原因となってしまっていることが多いのです。また、よく見かけるスッポン(正式にはラバーカップ)でやってみても、トイレ詰まりが解決できないといった症状の場合は、すぐにトイレを利用しないようにしてトイレ修理が得意なプロに診てもらうほうがいいと思います。日々使用しない日はないトイレに関することなのでダメになったのがわかったら修理をせずにいっそのこと新しいものに交換してリニューアルするのもいいのではないでしょうか?最も利用しているトイレですから節水面での効果及び光熱費の節約も実現可能です。長年の使用の影響によって水漏れなどのトラブルが発生し修理せざるを得ない状況でしたらトイレそのものの交換がベストな選択になります。原因については当たり前ですがいろいろあります。もしやるべきではない修理を選んでしまった際には、発生した水漏れ・詰まりを片づけるどころか反対に症状が重くなるケースもあります。台所(キッチン)の排水管の詰まりというのが排水が流れる管の内壁にくっついて硬くなってしまった食品に特有の油脂類でできた壁の影響がほとんどです。排水が流れるはずの部分が窮屈になって入り込んだ食べ物カスや油分が硬化し詰まりが起きやすいコンディションになっているのです。


担当地区紹介
品川区 中野区 葛飾区 杉並区

エリア紹介
交野市 浦安市

会社概要