応急処置アドバイス

水漏れ時の緊急で行うべきこと

水漏れ応急処置

水漏れトラブルにおいて重要なことが応急処置の仕方です。「水道修理は水道業者に任せれば良い!」と思いがちですが、水漏れして緊急時の処置方法を知らない方が意外と多いと気がつきました。お客様自身で応急処置を行うことによって2次被害に拡大することや修理費用を最小限に抑えることが可能となります。水漏れが発生した時に応急処置の一例をご紹介します。ご参考にして見てください。

絶対条件として、落ち着くことが最善策であり一番重要なことです。

水まわりで水漏れが起きたら、まず水の元栓である「元栓」・「止水栓」をしっかりと閉めてください。これで給水を止められるので被害を最小限にとどめることができます。それから、水漏れの原因を探りましょう。自身で修理が困難な場合には、最寄りの水道業者に連絡をして修理手配を行いましょう。尚、だいたいの修理料金もあらかじめ聞いておくことも必要です。


天井からの水漏れの場合には、上階に住む方に水漏れしていないか聞いてみることになります。その際に、水道メーターが回ってないか確認すると良いでしょう。パイロット針がクルクル回っていれば漏水しています。また、パイロット針が回ってなくても共有部分の配管から漏水しているケースも考えられます。また、不規則に天井から水漏れしてくる場合には、排水配管のトラブルが疑われます。管理会社か家主に連絡をして指示通りにするのがベストな選択となります。


目次
壁からの水漏れ 給湯器の水漏れ
ウォシュレットの水漏れ予防 便器のの水漏れトラブル
便器と床の隙間からの水漏れ 浴槽の水漏れ

総合サポート電話番号

東京水道修理隊ファイル一覧