浴室(お風呂)修理

修理関連質疑

浴室・風呂の修理質疑応答

浴室・風呂のトラブルで修理依頼が多いのが詰まりトラブルです。悪臭も同様と考えともいいでしょう。排水管や排水溝の目詰まりによって起こる現象です。その他にも蛇口や水道管のトラブルも比較的多いのが特徴です。

浴槽に貯めている水が減っていく。
排水口のゴム栓の劣化、浴槽に亀裂が入っている、排水口トラブルなどが考えられますが一般的には、ゴム栓を交換することでなおるケースが一般的です。


お風呂の排水が遅い。または、流れにくい
流れが悪い、排水が遅いなどのケースは、排水管内で目詰まりを起こしていることが多い。または、排水トラップを1度も取り外して清掃していないのが原因で詰まりを起こしています。症状が悪化すると排水が逆流してきたります。また、悪臭の原因となるケースも少なくない。


浴槽の水が流れなくなった。
排水パイプが汚れなどで詰まっているケースや排水トラップ内で目詰まりを起こしている。排水トラップを取り外して確認してみるとよいでしょう。軽微であれば、これで解決します。


排水口から悪臭がしてくる。
通常、排水口には匂いが上がって来ないように排水トラップがあります。悪臭がしてくる場合、排水トラップに異常が発生していると思われます。排水トラップがない場合には、封水がないなども考えられますのでご相談ください。


排水すると「ゴボゴボ」と音がしてくる。
排水管が目詰まりを越していると流れが悪いだけでなくゴボゴボと音がするケースもあります。


シャワーの水の勢いが弱い。
シャワーの水の勢いが悪くなる要因は様々ですが、もともとの水圧が弱い蛇口や給湯器にトラブルがある可能性が考えられます。見極め方は、他の蛇口の水圧が正常か確認し問題がなければ水漏れなどのトラブルが発生している可能性があります。


シャワーヘッドの先端から水が漏れてくる。
シャワーの先端から水が漏れている場合、シャワーヘッドとジャバラホースのつなぎ目に亀裂が生じているかのうせいがあります、ご確認ください。切れ間が入っていたらジャバラ管などの部品交換を伴ってきます。


質疑応答一覧
トイレ修理質疑  キッチン修理質疑  洗面所質疑

会社概要

東京水道修理隊ファイル一覧