地域の情報

水道・水まわりの修理解決

神奈川県の出張対応地域のご案内

最寄りの市町村への出張対応も承っております。
神奈川県出張エリア紹介 横浜市
川崎市 平塚市 厚木市 綾瀬市 海老名市
藤沢市 大和市 相模原市 鎌倉市 座間市
秦野市 茅ヶ崎市 伊勢原市 小田原市 横須賀市

神奈川県のタウン情報

関東地方の南西に神奈川県が位置しています。県庁所在地は横浜市。北西部には箱根や丹沢などの山々があり温泉地で有名です。南部では、相模湾でダイビングやサーフィンなどのマリンレジャーで多く利用されています。また、夏には、海水浴で混雑します。一方、東部では、工業地帯で首都圏の産業の一角を担い、横浜市を中心に県内外から多くの人が訪れる大都市です。なお、早くから開港した横浜港は我が国の貿易の中心であり、諸外国との交流も非常に盛んで文化や産業などの情報交換も行われています。

神奈川県の地名由来
県域の主要地区として古くから栄えていた宿場町「神奈川宿(現:横浜市神奈川区)」に由来し、1859年に武蔵国久良岐郡に「神奈川奉行所」を置いたことが始まりです。「武藏國神奈河郷」の名で見られるのが最も古い記載ですが、その由来は、以下の通り諸説あります。この地に水源地が解からない川があり、上無川と呼ばれていたので「神奈川」になったとする説と「金川」または、「狩野川」と呼ばれていた川の名からとする説。朝鮮系住民が多かったことから「韓川」と呼ばれる川があって、それが転じたとする説など、多数ありますが、確定には、至っていないのが現状です。

神奈川県の歴史
神奈川県周辺は、大昔から集落として人が多く住んでいました。中世になると源頼朝が鎌倉に幕府を開いて武家社会中心の地を築いていきました。また、江戸時代になると、江戸に通じる交通路として沿岸部の開発が進んで行き、幕末のペリーの来航により横浜港が開港されて、1633年から続いていた鎖国政策に幕を下すことになります。この開港場となった、横浜は、明治以降、外国との窓口となり貿易や駐留地として発展していき、現在の都市を形成する礎となっていきました。


一連の流れのご案内