阪本さん

阪本日記

阪本ブログ

お風呂で特に水道修理が必要になるのことが多いのはやはり蛇口部分です。しっかりと締めたにもかかわらずポタポタと水漏れするのを発見したら、蛇口内部のナットやコマあるいはパッキンなどの各パーツを新品交換してください。宅地内で水道メーターから宅内までの間の水漏れしていることに関しては、自治体による水道修理は引き受けてもらえないので水道業者へ修理のご相談をしてください。傷んだパッキンを交換したからOKと一安心していても、本当のところは、蛇口全体の経年劣化の影響での水漏れだということで新品の蛇口本体への交換をすることになる場合も結構あるのです。内部のパッキンの交換位でトラブルが解消するのでしたら構わないのですがトラブルが起きた場合には、水道修理のための修理代が相当高くなるのなら、新しい蛇口交換するのがオススメです。専門業者の水道修理の金額は、どれくらい難しい水道工事なのかや修理工事をする部分の状況で変化します。この影響で水道業者に申し込んだ際の水道修理の支払料金は、約数万円からなんていうのがほとんどのようです。水まわりやトイレの詰まりっていうのは悪臭や不潔な汚れにつながって放置しているとカビだらけになったり、そこでの詰まり被害がトイレの下の階にある部屋にも及んでしまうこともあります。決めるのは大変ですが症状によっては、問題のある箇所だけの修理を行うよりトラブルが発生した蛇口全部を新しく交換していただくほうが料金的にも割安になるケースも珍しくありません。


蛇口の支柱2カ所にマイナス型のネジが付属されています。これは、止水栓といわれていて、このネジ2カ所を時計方向に回すことによって給水給湯を止めることができます。水量調整・水道が止まらなくなった緊急時にし牛することもできます。
※ 基本的に右側がお湯側。左が水側になっています。

担当地区紹介
 横浜市 戸田市 茅ヶ崎市 座間市 八千代市

会社概要