便器のトラブル

壁の場合の対処法

水漏れトラブル一例

便器の水が少しずつ流れて止まらない時の対処方法
トイレの水がチョロチョロと糸を引いたように流れて止まらないのは、タンク内にためた水が便器に漏れ出しているからです。トイレタンク内の部品に原因があります。どの部分からの水漏れかによって対処方法が異なってきます。

トイレタンク内トラブル

オーバーフロー管から水があふれている場合
オーバーフロー管とは、万が一タンク内の水が規定量より大幅に多くなっても、タンクの外に水があふれ出ないようにする為の構造です。オーバーフロー管から水があふれて便器に流れ出るということは、トイレタンク内に水がたまりすぎているということになります。原因は、浮き玉と水をタンクに入れるバルブ部分とをつなぐボールタップの動作不良です。側壁に引っかかっていたり何かと接触していて動作不良を引き起こしている場合があります。この場合は、スムーズに動くように調整すれば直ります。その他、ボールタップ内の弁の汚れやパッキンの劣化、バルブそのものの不良が原因である可能性もあります。その場合は、清掃や不良部品の交換が必須となります。

ゴムフロート部分から水漏れしている場合
ボールタップに原因がない場合には、ゴムフロートに問題がないか確認します。ゴムフロートが排水口にぴったりは密着することで水を止める仕組みになっていますがゴムフロートや排水口にゴミや異物があったり、ゴムフロートをつなぐ鎖が絡まったりすることで隙間が開いて、そこから水漏れをすることがあります。異物やゴミがない状態にし、鎖を正しい位置に直しましょう。それでも改善しない場合には、ゴムフロートが劣化による変形をしていることが原因と考えられますので交換が必要となります。

アドバイス

東京水道修理隊ファイル一覧