水が漏れる蛇口とは

消耗品で寿命がある

気になる蛇口のトラブル

洗濯や食事の支度。あるいは、洗い物をしようと思って蛇口のハンドルを開いたらレバーなどから水が漏れてきたという経験はありませんか?
水まわりで水が漏れてくる箇所は不特定多数ですし勢いよく漏れる場合もあればポタぽと少しずつ漏れてくるケースもあります。こういった水まわりの水漏れがはっせいしてしまったらどんな修理解決方法で修理すればいいのでしょうかご紹介します。
例えば、業者さんを呼んで修理したり部品交換をしたりする必要はあるのでしょうか?
もしこのような事態が起きたら、自力修理する方法を考えてみましょう。その方法が最も費用が安くて済みます。水漏れは、日常生活で思ってもいない時や何気ない時に突然起こります。蛇口などの比較的新しいものに交換してすぐのタイミングでは不具合が起こることはほぼありません。「交換・新築などに入居してすぐのタイミングの方がなにかとトラブルが起こりやすいんじゃないの?」と思うかもしれませんが施工会社さんもプロなどでよほどのことがない限り不具合を起こしません。起こすとしたら製品不良がほとんです。
比較的容易に取付けできる洗濯機の給水ホースの不具合などであれば取付け自体に問題がある可能性はありますが、蛇口などプロが施工修理によって取付けるタイプの設備からのトラブルは、設置に関して不具合が起きるということがほとんどありません。そんな蛇口からの水漏れの場合、そのほとんどの原因が部品の経年劣化による水漏れです。
水漏れが起こるまでの期間の目安は、約10年です。施工が行われてから10年の期間が経過すると、消耗品である蛇口のパッキンや部品が消耗してしまって水漏れが発生しやすくなります。もし、今住んでいる家の蛇口が「10年以上経過している」という場合は要注意です。あるひ突然水漏れなどのトラブルが発生する可能性もあります。10年以上経って古くなった蛇口は、トラブルが発生する前にパッキンなどの消耗部品を交換しておくと良いでしょう。「水道の蛇口からの水漏れ」と言っても、その原因や症状がそれぞれ異なります。例えば、漏れている場所はどこなのか、蛇口は古くからある回すタイプなのかレバー型のタイプなのか、それらの条件によって修理方法や必要になる部品は変わってきます。
しかし、逆に言えばそこまでわかってしまえば自力修理することも可能です。今後、それぞれの蛇口のタイプや水漏れが起きている場所ごとに修理の方法をお伝えしていきます。もしキッチンの蛇口の水漏れで悩んでいる方は、当社では電話無料横断も行っています。ご自宅の蛇口のタイプや水の漏れている場所を確認して該当する箇所で修理できそうであればご紹介いたします(同業者不可)。特殊な技術は必要としませんので「自分には無理だ」だと思う方は、私たちにご相談ください。


アドバイス

東京水道修理隊ファイル一覧
大和市 藤沢市 松戸市 大田区
吹田市 朝霞市 久留米市 武蔵野市