給湯器のトラブル

給湯器は、家電製品である

給湯器のトラブル

給湯器は電機器ですから水漏れを発見し時は、使用してどのくらい経過してるのか確認しましょう。水漏れなどのトラブルが2年以内で起きていたら不良品の可能性が有ります。5年以内なら部品や接続の不具合である可能性を疑います。どちらにしてもメーカー対応すべき問題かもしれませんので、メーカーに一度は問い合わせしてみましょう。また、7年を経過後の水漏れの時は、部品の劣化が起こり始めていると考えてください。一般的に給湯器の寿命は10年から15年と言われております。使用年数が長期間になるにつれて部品は調達しにくくなります。部品の劣化が起こり易い箇所は、給湯器の給水部分のパッキンです。このパッキンの交換だけで直れば良いのですが、他の部品にも当然のごとく経年劣化で痛みが見られるようでしたら、本体ごと交換するのも一考です。また、業務店や飲食店で使用する給湯器は、使用頻度が極めて高いですから、上記の記載内容は対象外となります。

給湯器内部構成


給湯器でトラブルが発生した時は電気か水道かどちらでトラブルが発生しているか見極めが必要です。水道関連なら水道業者で給湯器の部品なら製造メーカーだと大まかに分別するとわかりやすいでしょう。

アドバイス

東京水道修理隊ファイル一覧
足立区 新宿区 江東区 豊島区
吹田市 横浜市 柏市 川越市
博多区 羽曳野市 小金井市